ページビュー50回/日未満の人のGoogleアドセンスの掲載結果の見方

この記事は約6分で読めます。

Googleアドセンスの掲載結果を見てもよく分からない。
書かれてる言葉の意味は?
いろいろ値段書いてあるけど?
という初心者がどこを見ればいいのか解説します。
インプレッション収益について自分のとネットの情報が、
どうもしっくりこないと感じてる人も多いと思います。
そういった情報はページビューが多い人を対象にしてる記事だからです。
この記事はページビューが少ない人向けの
Googleアドセンスの画面の見方です。

Googleアドセンス初めて2か月クリックなかったけど
クリックされるようになった対策方法も紹介。

Googleアドセンス画面の各指標の意味

1番上に表示されてる部分ですが
分かりやすい表示となっていて疑問はないと思います。
(値段が低いというのは抜きにして(^^♪)

問題は次の「ページのインプレッション収益」です。

ページのインプレッション収益(RPM)は、
見積もり収益額をページ ビュー数で割り、1,000 を掛けた値です。
もうここで頭混乱してると思います。
一旦すべて忘れてください。見方を変えます。

ちなみに
ページビュー数・・・ページが表示された回数。
表示回数・・・広告の表示回数

1ページの中に2個広告が表示されたら
ページビュー数は1、表示回数は2


掲載結果の「レポートを表示」をクリックします。
期間を長めにします。ここでは今月にしてます。
︙(設定)をクリックして「統計情報を編集」をクリック

「統計情報を選択」で推定収益額をチェックして適用をクリック。

まず見るべきところは推定収益額です。
そこがまず決まって、
それをもとに「ページのインプレッション収益」(RPM)が
算出されてると考えると分かりやすいと思います。
実際の「ページのインプレッション収益」の右横に
定義式通り(正確には違う、あとで説明)に計算した値を書いておきました。

大体あってますけど上の画面の2021年1月3日のように
推定収益額0なのにRPMが出てるところもあります。
日ごとの変動も大きいし、ビュー数が少ないうちは
RPMは全くあてになりません。
見るべきは推定収益額ですね。
目次へ

ページのインプレッション収益誤差の原因

ページのインプレッション収益(RPM)
見積もり収益額×1000/ページ ビュー数
と上の例で求めた
推定収益額×1000/ページビュー数では誤差があります。

ページビュー数は、同じ数字なので誤差の要因にはならないです。
見積もり収益額というのは推定収益額と言葉が違うので値も違うでしょう。
でも見積もり収益額は見ることができません。
推定収益額を使って考えるしかありません。
1日1000ビューとかあれば
この2つの数字は近づいてくるのではないかと思われます。

ビュー数が少ないときは推定収益額を見て
いろいろ対策を考えるしかないです。

見積もり収益額の代わりに推定収益額を使えば
CPCや他の指標も考えやすくなります。

どうしてもページのインプレッション収益(RPM)をもとに何か考えたい場合
1日ごとのRPMではなく。
期間を例えば月ごととかに広げて1000ビュー以上になる期間にすれば
見積もり収益額推定収益額が近づくので
RPMも使えるようになると思います。

クリック0なのに推定収益額がある。

クリックされてないのに推定収益額ある日があります。
上の画面だと2021/1/3です。
これは表示しただけで収益が発生する広告が表示されたからです。
金額は1回1円とかです。
目次へ

SEO対策

ここからは私のメモ的な内容です。
ブログ状況
2020/9/1開設
雑記ブログ
新規独自ドメイン、レンタルサーバー(お名前.com)
WordPressテーマCocoon記事数55。
2021/1月収益ASP72円アドセンス51円

ASPの収益はクリックするだけ広告の収益しかありませんでした。
以下は今月取ったSEO対策です。

Googleアドセンス、クリックされるようになった

アドセンス合格後2か月間0クリックでしたが
広告の文字(スポンサー、PR)を出さないようにしたら
今月クリックされるようになった。
(6クリック)

Googleアナリティクスで分かったこと

今月からGoogleアナリティクスを登録しました。

お名前ドットコムのアクセス解析では
9割デスクトップからの閲覧ということで
スマフォ対策いらないなと思ってたんですが。
Googleアナリティクスで調べると7割近くスマフォからのアクセスでした。
(serach consoleのデバイスタブのところでは5割)

Pagespeed Insightsでスマフォのスピード調べると
25~37と低いので。

プラグインAutoptimizeをインストール
(Cocoonの高速化設定でも同じような効果が得られるようですが、
かぶって不具合起こさないようにOFFのまま)
50以上に改善しました。
パソコンは多少悪化して72~90。

Google Search Consoleのカバレッジ

Googleにインデックスされたとずっと思っていた記事が
されていないことがあります。
Google Search Consoleのカバレッジの除外をみて確認してください。

カバレッジの除外をクリック
→「クロール済み – インデックス未登録」をクリックすると
該当ページが表示されます。
https://kikuichige.com/284/feed/のように
最後に/feed/と書いてあるページは気にしなくていいようですが
feed/がついてないページは対策が必要です。

何もページに手を加えることなく
Serach ConsoleのURL検査で除外されてるページを登録すると
数日後インデックスされカバレッジの除外の項目からも消えました。

site:https://kikuichige.com/のように
site:のあとにドメインをアドレスバーに入力すると
Googleにインデックスされてるページが分かります。
目次へ

SEO対策効果

アフィリエイトやブログ関連の記事はライバルが多すぎて
検索上位は難しいと思いました。
半分以上がその系統の記事なので今後は、
それ以外の記事を増やしていこうと思います。

ASPの売り上げも難しいので記事数を増やし
広告配置もGoogleにまかせアドセンス狙いで行きたいと思います。

以下今月の成績です。
ブログ解析無料ツールで調べてます。
Google serach Consoleでは
平均掲載順位が先月の27.2位から27.4位と頭打ち。

検索順位チェックツールGRCでキーワード順位を見ると
当ブログで1番記事数の多いキーワード「アフィリエイト 独学」で
上位表示できない。

Pagespeed Insightsで1番アクセスの多い記事の表示スピードを測ると
モバイル45パソコン62

ドメインパワーを計測するMOZ
先月と変わらず1点

その他
被リンクは先月と同じ2

まとめ

  • ページのインプレッション収益(RPM)はページビュー数がすくないとあてにならない。
  • まず推定収益額を表示させて見る。
  • ページビュー数がすくないときは
    見積もり収益額を推定収益額として考えると
    各指標が分かりやすくなる。

目次へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました