補聴器が嫌い、つけたくない高齢者向け、補聴器以外のおすすめ!

この記事は約5分で読めます。

高齢になって耳が遠くなると、まず補聴器を検討すると思います。
しかし補聴器を耳につけるのが気持ち悪いとか、
面倒くさいとか様々な理由でつけたがらない高齢者も多いと思います。
高額の補聴器を親にプレゼントしたけど、
まったく使ってくれないってこともありますよね。
補聴器をつけてくれないことでまわりの人が大声で
何度もいいなおしたり苦労することも多いと思います。

よく聞こえるかどうかばかり気にして高額の補聴器を買いがちですが。
そもそも使わなければ、元も子もありません。
そこで補聴器以外の方法も検討してみてはと思い紹介します。

集音器(伊吹電子のクリアボイス)

補聴器を嫌がる理由として、ずっとつけてるが嫌。
耳につけてるつけごごちがよくないというのがあると思います。
そういう人向けの製品がクリアボイスです。

伊吹電子のクリアボイスの最大の特徴は耳の穴に入れるのではなく
電話のように使いたいときに耳にあてます。
普段は首にかけておきます。
使い方も簡単、横についてる大きなボタンを押している間だけ音が大きく聞こえます。
イヤホンで使うこともできます。

充電式ではなく単4電池2本なので電池交換も簡単です。
連続使用200時間ですが、
電池を消費するのはボタンを押したときだけなので実際は全然長持ちします。

発売して20年近くたつようですが新しければいいってものでもなく
使ってくれなけばもともこもありません。


直販よりアマゾン、楽天のほうが安いです。

Amazonで探す! クリアーボイス シルバーブルー 48195

楽天市場で探す! クリアボイス

筆談(電子メモバッド)

これは家族などが高齢者とコミュニケーションをとるための方法です。
いわゆる筆談です。
紙でもいいんですが、電子メモバッドはワンタッチで消せるところがいいです。
ダイソー、CanDoで550円で売ってます。
電池の消費がきになりますが
電子メモバッドは消去する一瞬だけ電力を使うので電池は長持ちします。
普段、文字が見えるように電池を使って光らせてるわけではありません。
その証拠に電池なしでも書けます。
ただし電池が入ってないと文字を消せません。

ダイソー、CanDoは品薄なようです。
ほかにもいろんな電子メモバッドがAmazonなどで売ってます。

Amazonで探す! 電子メモパッド

楽天市場で探す! 電子メモパッド

ダイソーで110円で売ってるホワイトボードでもいいかもしれません。
ペンのインクがなくなっても3本110円で売ってました。

音声を文字にして表示する装置

耳で聞くのはではなく目で見ることに切り替えます。
音声を文字に変換して表示するので筆談のような手間はかかりません。
速度や精度が気になりますが最近のものは非常に高性能です。

ポケトークmini

翻訳で有名なポケトークですが
AIボイス筆談機ポケトークmimiを出しています。
ボタンを押しながら話した音声をリアルタイムに文字に変換し、画面に表示します。
上記リンクの中断ぐらいに実際に使用中の動画で
速度や精度が確認できます。

Amazonは割高なので公式または楽天のほうが安いです。

Amazonで探す! ポケトークmini

楽天市場で探す! ポケトークmimi

無料のアプリ

スマフォandroidでも音声文字変換&音検知通知というアプリがあります。
無料ですが全然優秀です。
変換能力的にはスマトークminiと変わらなそうです。
操作も簡単でアプリを起動すれば自動的に変換スタートします。

机において使用する場合これを使うと便利です。
文字サイズは5段階。

写真は2番目の大きさです。
スマフォはらくらくスマートフォンF-42Aです。

これでも十分大きいですが
ダイソーで100円で売ってるスマートフォン拡大鏡を使ってみました。

使えなくはないけど、さすがに見にくいです。
もっといいものもいろいろ売ってます。

楽天市場で探す! スマフォ拡大スクリーン

パソコン(Windows)でもできる

Windowsパソコンでも自動音声変換機能を使う方法があります。
無料で簡単です。
クロームを使用します。(Microsoft edgeではできません。

①クロームの右上にあるGoogleアプリのアイコンをクリックします。
②ドキュメントをクリック

③左上の空白をクリック

④ツール→音声入力をクリック
Microsoft Edgeだと音声入力がメニューに出てきません。
クロームを使ってください。

⑤マイクマークをクリックすれば音声入力スタートで
マイクに向かってしゃべれば変換された文字が表示されます。

スマフォで調整できるスマート集音器(Olive Smart Ear)

やっぱり耳につけるタイプがいいという方は

スマホのアプリで簡単に音の調整が可能【Olive Smart Ear】

こちらのメリットは

  • 割と低価格34,800円(税込)
  • スマフォで聴力調整が自分でできる。
  • 購入前に試せる店が多い。
  • 90日間全額返金保証

テレビの音が聞こえずらい時は

聴こえやすい音に変換するテクノロジー『ミライスピーカー・ホーム』30日間返金保証

上のページの中断ぐらいに「テレビで紹介されました!」
というYouTubeがあります。
これを見ると原理と効果が、すごい分かりやすく納得のいく説明がされてます。
29700円(税込み)と少し高いですが。

まとめ

  • 耳につけるのが嫌な人は集音器、伊吹電子のクリアボイスがおすすめ。
  • ダイソーの電子メモバッド550円またはホワイトボード110円で筆談する。
  • 音声を文字に変換するポケトークminiがある。
    高額だが専用機なので使い勝手はいい。
  • スマフォandroid無料アプリ、音声文字変換&音検知通知がおすすめ。
  • パソコンWindowsでもGoogleドキュメントを使えば音声を文字に変換できる。
    ただしプラウザはクロームを使用する。Edgeではできない。
  • スマフォで調整できるスマート集音器Olive Smart Earというのがある。

コメント

タイトルとURLをコピーしました