ネット副業(アフィリエイト、クラウドソーシングなど)で、おすすめの銀行

この記事は約2分で読めます。

ネットで副業をしたら、その報酬を受け取る銀行口座が必要です。
普段使用してる口座を報酬を受け取る口座として登録するのは抵抗がないですか。
いくつも副業を行うと、その都度口座登録していきますが、
そんなにネットに口座情報さらして大丈夫かと心配になる人もいるかと思います。
そこで新たに報酬受け取り専用的な口座を開設することをおすすめします。
中でも報酬振込手数料がやすい銀行を紹介ます。

おすすめの銀行

ゆうちょ銀行(ゆうちょダイレクト)です。
ゆうちょ銀行をネット利用するためには、まず総合口座を開設し、
その後、ゆうちょダイレクトをWEBで申し込みます。無料です。

セキュリティー対策も充実してます。
トークン(ワンタイムパスワード生成機)というものを
申し込めば無料でもらえます。
1分で消滅するパスワードが表示され、
それを使って振り込みや送金ができます。
そのトークンを持ってる人しか振り込み、送金できないので安全です。

アフィリエイトの報酬振込手数料

アフィリエイトASP各社の振込手数料は
A8.net、ゆうちょ振込手数料66円その他の銀行の振込手数料110~770円。
afb、アクセストレード、バリューコマース、リンクシェア、gogoleアドセンスは振込手数料0円。

クラウドソーシングの報酬振込手数料

クラウドソーシング大手はLancersとクラウドワークスです。
Lancersから楽天銀行へは振込手数料は100円(税抜)です。
それ以外の銀行の場合は、振込手数料が500円(税抜)必要です。

クラウドワークスから楽天銀行の場合は振込手数料は100円(税込み)です。
それ以外の銀行の場合は、振込手数料が500円(税込み)必要です。

楽天銀行はATM手数料220円です。
(残高10万以上と取引回数によってATM手数料0円にもできます。
ひと月に0円で利用できる回数が条件で変わる)

楽天銀行から直接下ろすよりも、
ゆうちょ銀行を経由したほうが安くおろせます

楽天銀行から、ゆうちょ銀行本人名義口座への振込手数料は168円。
ゆうちょ銀行のATMは手数料0円なので
実質、楽天銀行から168円で下ろせます。

こちらの場合は、
ゆうちょ銀行に加えて楽天銀行の口座開設もしないと安くなりません。

ゆうちょ銀行デメリット

ネットバンクと違い郵便局まで口座開設に行かなければならない。

まとめ

  • アフィリエイトA8.netを利用するなら、ゆうちょ銀行がお得。
  • クラウドソーシングを利用するなら、ゆうちょ銀行+楽天銀行がお得。
  • ゆうちょ銀行のデメリットとして開設に郵便局までいかなければならない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました