Windows10 1909から2004に手動アップデートで失敗したけど配信時に成功しました

この記事は約5分で読めます。

10月に手動「Windows 10更新アシスタント」で
1909から2004にアップデートを試みましたが失敗しました。
空き容量不足ということで
外部記憶装置(Micro SDカード)付けてやったんですがダメでした。

そのまま1909で使ってました。
昨日アップデート準備ができたとメッセージが画面に現れたので
Windows Updateでアップデートしたら成功しました。
失敗した時と成功した時の違いを紹介したいと思います。

Windowsのバージョンアップで変なことが起きたら
これからもこのページでご紹介します。

手動で失敗したとき

10月の時点では[更新プログラムのチェック]を押しても1909のままで
2004の更新があるとは表示されませんでした。
なのでマイクロソフトのHPから「Windows 10更新アシスタント」を
ダウンロードし手動で2004へのアップデートを試みました。

途中で10G以上のディスクの空き容量がないので
外部記憶装置が必要ということでした。
外付けのmicroSDカード32G(空き12G)を付けてアップデートしました。
10時間以上経過して結局失敗しました。
(その間再起動の要請などで何度かクリックした)

幸い自動的に修復してもとのバージョンに戻ったので
その後はあきらめて1909で使っていました。

空き容量をふやす

Cドライブの空き容量を増やせれば1番いいです。

  • 不要ファイルの削除
  • 使ってないソフトのアンインストール
  • ディスクのクリーンアップ
  • 外部記憶装置にデータを移動
  • Googleドライブ(15GB無料)にデータを移動

ディスクのクリーンアップは
Cドライブを右クリックしてプロパティから実行できます。

使ってない16Gや32GのSDカードがあれば
100円ショップCandoに100円で
SDカードリードライターが売ってます。
それを使えばUSBポートにさして使うことができます。

私は必要なインストール済みのソフトがいっぱいで
Cドライブの空き容量を増やせなかったので
以下の方法でやりました。

1909から2004へアップデート成功

アップデート準備

前回失敗した原因は外付けのMicroSDカードをUSBハブを経由していたためです。
USBハブではなく直接MicroSDカードをUSBポートに差したらうまくいきました。

ちなみに私のパソコンは
2018年9月にドスパラで20000円で買ったDiginnos Stick DG-STK4D
内臓ストレージeMMC:32GB、USBポート×2と低スペックです。

今年からMicroSDカードスロットが
読み込まなくなったので(原因不明)
CanDoで100円で買ったカードリーダーライターを使ってます。
何Gまで使えるか書いてないんですが32Gで使えてます。
SDカードMicroSDカード対応

MicroSDカードは送料込みで800円ぐらいのSDカード。

Yahoo!ショッピングで探す SanDisk microSDカード 32GB マイクロSDHC

Amazonで探す SanDisk microSDカード 32GB マイクロSDHC


USBハブ(BSH4U25BK)はアマゾンで498円で買いました。
今回の件が、このUSBハブが原因とも思えません。
2年以上毎日使って、ほかに問題はまったく発生していないので
一般的な話だと思います。

Yahoo!ショッピングで探す USBハブ BSH4U25BK

Amazonで探す USBハブ BSH4U25BK

アップデート実施

アップデートを促すメッセージが画面に出たので
アップデートしました。
待っていれば自動的にアップデートされるかもしれないですが
アップデート時間が長いのでパソコンを使わないときに
やってしまおうと思い自分で開始させました。
Windowsボタンを右クリック→システムをクリック

←またはホームを押して戻ります。

「更新とセキュリティ」をクリックすると
Windows Updateの画面にいきます。
準備ができていれば「今すぐインストール」をクリック。

終わるまで6時間ぐらいかかりました。
進行状況が0%で1時間くらいそのままだったりしました。
昔はそのまま止まってしまうこともありましたが
最近はそのへんは対策されてるようです。
前回失敗したときも自動的に修復されました。
なのでCTRL+DELETEなどで強制的に停止せず待った方がいいと思います。
といっても再起動をうながされたりしますので
完全放置というわけにもいかず、たまに画面を見る必要があります。

無事以下のように1909から2004へバージョンアップできました。

目次へ

2004から20H2へバージョンアップ

2021/2/21 20H2へ上のアップデート実施と同じ手順でバージョンアップしました。
時間は10分ほどで完了しました。
2021//8/7現在私のパソコンは21H1まで来ていて、
その間、特に問題になることは起きてません。

更新とセキュリティにある回復

記憶領域の残りを見ると、たまに赤色表示になる。
おそらく2G以下。

更新とセキュリティにある回復をやってみた。
オプションは「すべて削除する
(個人用ファイル、アプリ、設定をすべて削除します)」にした。
パソコンが初期状態に戻るので注意。
購入した時の状態からまたやり直すイメージ。
パスワードやメールの設定などしっかり覚えてないと大変。

2Gしか残ってないので、またアップデートに失敗するのではないかと思い
一応空き領域の多いUSBは刺したままやった。
恐らく不要ファイルが削除され記憶領域の確保されてから
処理が行われるだろうからUSBはいらないと思われる。

1時間半ぐらいで完了。
バージョンは21H1 OSビルドは 19043.1288
使用してる領域が全部で13Gまで減った。
使える領域が28Gしかないパソコンなので
ごみを消すことができて、すっきりした。
今までどうしても消えなかった
インターネット一時ファイル1.6Gも消すことができた。

まとめ

  • 空き容量不足でアップデートができない場合
    外付けの外部メモリはUSBハブをかいさず
    直接USBポートに差し込むとうまくいく。

コメント

タイトルとURLをコピーしました