安い新品パソコン購入方法、日本HPで買うと安いです。

この記事は約5分で読めます。

安かろう悪かろうで安いパソコンは、
ちょっと心配という方も多いと思います。
その点、パソコンメーカー大手の日本HPなら信頼感も高いです。
でも日本HPのパソコンて、そんなに安くないんじゃない?
と思ってる方も多いと思います。
ネットで検索すると確かに特に安い機種は出てきません。

そこで今回日本HPの安い機種の見つけ方をご紹介したいと思います。
2021/3/7調べ
新品デスクトップ(モニタ無し)36080円税込み送料3000円込み
新品ノート 27500円税込み送料0円

日本HPとは

アメリカの老舗コンピューターメーカー、
ヒューレット・パッカードの流れをくむ会社で日本HPは日本の会社です。
そこの直販なので変なものは売らないと思います。
2019年第4四半期における出荷台数国内シェアでは、
首位のレノボ/NEC/富士通グループの41.4%に次いで2位です。
日本HP18.4%。

ダニ・ハウスダストにお悩みなら

日本HPの安いパソコンの見つけ方

2021/3/7現在HPで1番安いデスクトップパソコン(モニター無し)は
価格.com経由のほうです。

HP直販

HPのサイトは機種が豊富なため
なかなか安いパソコンを探すのは大変です。
その方法を紹介します。

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

上のリンクを右クリックし「リンクを新しいウィンドウで開く」
こちらは法人向けのページですが以下のように個人でも購入可能です。

法人(ビジネス)ストアTOP
オンラインストア 法人のお客様向け
※「法人のお客様向け」と記載ありますが、個人の方やSOHO、フリーランスの方々もご購入頂けます。

日本HP

真ん中ぐらいに5万円以下のモデルというのがあるので
そこをクリックすると5万円以下のモデルが出てきます。
3万円ぐらいのノートパソコンもあります。

1番安いのは
HP 280 G5 SFF(モニタなし)36080円税込み送料3000円込み(2021/3/7調べ)
価格.com経由でもっと安いのが出てきました。

HP直販最安36080円メモリ4Gストレージ128GBSSD
価格.com経由HP直販最安33100円メモリ8Gストレージ1TBハードディスク


個人用のページ(↓↓↓下のリンク)だと4万円以下の製品が出てきません。

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

Googleで検索しても
法人用ページと分けてあるので、
みんな個人のページでさがすことになります。
4万円以下のパソコンは出てきません。

価格.com

2021/2/10価格.com経由で安いのが出てきました。送料入れると33100円です。
価格.com限定品なので価格.com経由でいってください。

HP 【直販モデル】 Slim Desktop S01 価格.com限定 Celeron/1TB HDD/8GBメモリ/DVDライター/キーボード&マウス付属New

ノートは価格.com、アマゾンのほうが安いのがある

デスクトップは
価格.comで最安37180円
Amazonでは5万以上のものしかありません。

ノートは価格.comとAmazonのほうが安いのがありました。

価格.com特価

価格.comで日本HPのノートパソコンを検索します。
写真に限定という赤い帯の付いたものがあります。

価格.com限定価格ということで
結局は日本HPの直販での購入になるんですが
価格.comを経由したことで安くなるようです。

だから価格.com限定価格品は価格.comからいくようにしましょう。

HP Stream 11-ak 価格.com 限定モデル
Celeron/64GB eMCC/メモリ4GB/Windows10 Home(Sモード)搭載
27500円税込み送料0円(2021/3/7調べ)

Amazon HPストア

日本HPのAmazon店です。

1番安いノートは
HP ノートパソコン 11.6インチ 日本語キーボード ダイヤモンドホワイト (Celeron / 4GBメモリ / 64GB eMMC / Windows10 Sモード) HP Stream 11-ak0000 (型番: 1W4Z1PA-AAAX)
29800円送料無料(2021/3/7調べ)

デスクトップは先ほどご紹介した
日本HPの法人向けのほうが安いです。

HPのパソコン動作がおかしかった時の対処方法

HPのパソコンだからとか安物だからというわけではなく、
どのパソコンでも起こりえることだと思います。

大体の原因はWindowsのバージョンアップ後に起こります。
実際にHPパソコンで経験した不具合と改善した方法をご紹介します。

直販で購入すれば何か不具合があったら問い合わせしても対応してくれると思います。
ここが直販の強みです。

Amazonなどで購入すると、
どこに問い合わせていいかもわからないし
購入店での対応には期待できません。

スリーブ後復帰しない。

2020年購入直後になりました。
改善した方法
電源オプションでハードディスクのスリープを「なし」に設定したらなおりました。
画面のスリープは設定しても問題ありません。
その後もハードディスクはスリープなしで使ってます。

Windowsにサインイン後、画面がまっくらになる。

2021/4/21に発生しました。
改善した方法
電源スイッチを入れ、HPまたはWindows の起動画面が表示されたら電源ボタンを再度シャットダウンするまで押し続けて「強制終了」します。
この強制終了を二回続けてやり二回目はそのまま立ち上げます。それでなおりました。
自動修復機能がはたいてなおったと思われます。
その後は何も処置は必要なく問題なく立ち上がるようになりました。

まとめ

  • 日本HPのパソコンは法人向けのほうが
    安いパソコンがある。(個人も購入可能)
  • ノートはAmazonや価格.comのほうが安い製品がある。
  • 安いパソコンがあれば、今後もこのページで紹介していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました