お風呂の排水溝の蓋が壊れたので修理しました。

この記事は約2分で読めます。

お風呂の排水溝の蓋プラスチックが割れたので修理しました。長年使用していたためパキッと割れてしまいました。検索しても同じものが見つからない。ちなみに排水溝の蓋ってグレーチングというそうです。
割れたグレーチングは修理して。補強するために「短い突っ張り棒」みたいなものはないか探したら見つけたのでご紹介します。

排水口の蓋修理

壊れたプラスチックの蓋は100均の結束バンドで結びつけました。
結び目が裏にくるようにして余った線は切り口が鋭くならないように切りました。

そのままでは弱いので蓋の下にある金属バーを外し。
(金属バーに貼ってあるラバーをはがすとねじがあるので取れる)
移動して金属バーの間隔をせまくしました。

短い突っ張り棒

金属バーを移動して空いたところは「短い突っ張り棒」はないかと探したところ以下のものを見つけました。

Yahoo!ショッピングで探す フクビ プラ木レンチ

Amazonで探す プラ木レンチ

楽天市場で探す プラ木レンチ

建材で床を支えるのに使われているので頑丈です。
調整範囲は狭いですが
表のように種類が多いので選べます。

私のところは高さ122mmが必要だったので5A型を買いました。
上部形状は97mm×97mm×15mmの板で、そのまま置くことができました。
水に濡れるので木の部分はペンキぬっときました。

業者に依頼する場合

ずいぶん探しましたが、うちのプラスチックの蓋は見つかりませんでした。
上記のような対応をしましたが基本的に蓋を踏まないようにまたいで使用しています。
やはり下手にDIYで修理した結果、怪我したりする危険があるので
プロに依頼するのが無難かと思います。
リショップナビで見積とれます。
家のタイプ、郵便番号、電話番号を入力すると
リショップナビから電話がかかってきます。

リショップナビ お風呂でよくあるトラブル・部位別の修理費用相場!業者の探し方は?

ダニ・ハウスダストにお悩みなら

コメント

タイトルとURLをコピーしました