お名前.comレンタルサーバーRSプラン申し込み2020/9/1独学アフィリエイトブログ始め方2

この記事は約4分で読めます。

ネットで評判があまりよくないようですけど、
お名前.comレンタルサーバーをドメインと一緒に申し込みました。
そのときの手順について説明したいと思います。
特にWhois情報代行と料金について注目して書いてます。

申し込んでみた結果

  1. 無料対象ドメインは12か月以上レンタルサーバーを使い続けるのであれば、ドメイン、Whois情報公開代行は0円でレンタルサーバー代だけが掛かる。
  2. デフォルトでWhois情報公開代行は付いてる
    (ドメインによっては付けられないものもある)
    私の申し込んだ.comは大丈夫でした。

実際にお名前.comレンタルサーバーRSプランを申し込んだ流れです。

8か月お名前ドットコム使用してみて自分にとってはオーバースペックだったかなと思ってます。

お名前ドットコムに決める前に、もう一度この記事を読んで検討することをおすすめします。


お名前ドットコムに決めてる方は、申し込みの前にこの記事読んでおいたほうがいいと思います。


お名前.com レンタルサーバー

今すぐ申し込みをクリック

出典:お名前.comレンタルサーバー


RSプランを選択しました。


RSプランを選びました。

支払期間選択、私は6か月を選びました。
ドメインを一緒に申し込むをクリック。
メールアドレス、パスワードを入力して次へ


ドメイン代1円が引かれて5399円になってます。希望のドメイン名を入れて検索


サーバー利用中は無料ということなので.comを選択


ドメイン代1円引かれてサーバー代5399円となってます。
下2つのオプションは有料なので申し込みませんでした。

Whois情報公開代行は.comの場合デフォルトで付いてるようです。今まで特にチェックボックスを選択などしてません。ドメインによっては対応してないものがあるようなので、ここでこのように表示されないものはWhois情報公開代行されてないので注意が必要です。


お名前IDは、後でログインするときに必要になります。
私は忘れたのでメールで問い合わせました.

ここでカートの内容が変更されました。内容をご確認のうえお進みくださいとドメインの値段も280円に変わってるしレンタルサーバーが表示されない状態になりました。ここに来る前に時間がかかったので何かエラーが出たのか、それとも正常な流れかは分かりません。でもこのまま進んで特に問題はありませんでした。


下の有料オプション選択が3つに増えてます。SSL証明書とありますが、これをチェックしなくても無料のSLLは使えます。

次へを押す。


ドメインの値段1円だけになりました。

次へをクリック

ひとつ前の画面から「カートの中身が変更されました」というのは、結局無料期間とかが反映され最終的な値段を計算するためのものだと思われます。
つまり直近の支払いが1円ということです。(これは必ず払わないと先に進みません。)
あとのサーバー代は次の請求(無料期間終了後の2か月後?に)請求されるものと思います。私の場合6か月払いの5399円。

6か月払いで申し込んだつもりでいましたが1か月払いになっていました。
あとから変更できます。

変更したためか
2回目扱いになり6か月分6480円、税込みで7120円請求されました。

結局9月10月無料11月から2021/4月分7120円(税込み)
以降6か月ごとに7120円。
(ドメイン、Whois情報公開代行は無料)
こちらがその様子です。


支払い方法を選択
振込手数料は自己負担なので1円払うのに高い振込手数料にならないよう選んでください。
Whois情報公開代行は0円になってます。

Whois情報公開代行についてメールでも確認しましたが
ドメイン登録時にWhois情報公開代行をお申込みいただいた場合、同時申し込み無料キャンペーンが継続する限り、無料にてご利用が可能でございます。」とのことでした


完了です。
後は1円を支払えば使用できます。

出典:お名前.comレンタルサーバー

Whois情報公開代行されてるか確認

最後にwhois検索で、ちゃんと代行されてるかドメイン名を入れて確認しました。
大丈夫ちゃんと、お名前ドットコムに代行されて個人情報は公開されていません。

Whois検索https://www.onamae.com/service/whois/

その後の様子を記事にしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました