アフィリエイトブログ、注意!テキスト広告貼ると消えてるコードがある!

この記事は約5分で読めます。

WordPressで段落ブロックにテキスト広告をそのまま貼ると
完成した見た目は問題なくクリックしてもリンク先に飛びます。
しかし貼り付けた広告コードの一部が消えています。
確認したのはWordPressバージョン 5.7.2

WordPressのバージョンの確認方法は
ダッシュボードの左上のWマークをクリックすると
画面右下にバージョンが表示されます。

テキスト広告の貼り方による違い

A8.netのテキスト広告を利用して説明していきます。

段落ブロックに右クリックでテキスト広告を貼り付けると
勝手にテキスト広告に変換されてしまいます。
これではコードに関する記事が書けません。
昔のブロックエディタでは、そのままただのコードが貼り付けられたような気がします。
なので以下コードとして表示してる部分は
メモ帳などに1回貼り付けて半角<を全部全角<に変更してコードを貼り付けてあります。
コードをよく見ると<全角、>半角になってます。
こうすると勝手に変換されずコードがそのまま書けます。

お名前.comのテキスト広告を貼って比較します。

元のコード(アドレスは略に変更)
<a href=”https://略” rel=”nofollow”>お名前.com</a>
<img border=”0″ width=”1″ height=”1″ src=”https://www略” alt=””>

まず段落ブロックの中に右クリックして貼り付けました。

そのまま貼り付け
ここから

お名前.com


ここまで

コードエディタで貼り付け
ここからお名前.com
ここまで

コードエディタでの貼り付けは方は、この記事を参照してください。

コードエディタでコードを確認

コードエディタでコードを確認してみます。

コードエディタの立ち上げ方は
WordPressの右上のオプションをクリック
→コードエディタをクリックします。

普段使っているのはビジュアルエディターです。
元に戻すときはビジュアルエディターをクリックすればもとに戻ります。

コードエディタでこの記事の上の部分を見てみると以下のようになっています。


そのまま貼り付け</span><br>ここから</p>
<!– /wp:paragraph –>

<!– wp:paragraph –>
<p><a href=”https://“>お名前.com</a><br></p>
<!– /wp:paragraph –>

<!– wp:paragraph –>
<p><br>ここまで</p>
<!– /wp:paragraph –>

<!– wp:paragraph –>
<p><span class=”marker-under-red”>コードエディタで貼り付け</span><br>ここから<a rel=”nofollow” href=”https://略”>お名前.com</a> <img border=”0″ width=”1″ height=”1″ src=”https://www略” alt=””><br>ここまで</p>
<!– /wp:paragraph –>

コードエディタで貼り付けた時rel=”nofollow”が勝手に追加されていますが。
これはGoogle などに自分のサイトと外部リンクの関係性を伝えるもので
影響はないと思います。

右クリックで貼り付けた時、省略されたコードは何か

省略されたコード
<img border=”0″ width=”1″ height=”1″ src=”https://www略” alt=””>
これは1ピクセルのsec=にリンクされてる画像をつけるという意味です。

これがなくてもいいのかというA8のサポートに下のように出てました。

1ピクセル×1ピクセルのタグは必要ですか?

ネットで調べるとなくも大丈夫だという情報もあるようですが、
つけておいた方が無難ではないでしょうか。

省略されないように貼る方法

2つあります。
①段落ブロックに貼るのではなくカスタムHTMLブロックで貼る。
②コードエディタで貼り付ける。

やり方はこちらの記事を参照してください。

考察

テキスト広告のポイントは<aと<imgの部分
<aはクリックされたらリンク先href=”https://A8のどこかA”へ飛ぶという機能(HTMLタグ)
<imgはsrc=”https://A8のどこかB”の画像を表示するという機能(HTMLタグ)

テキスト広告コード
<a href=”https://略” rel=”nofollow”>お名前.com</a>
<img border=”0″ width=”1″ height=”1″ src=”https://www略” alt=””>

つまり
<aは広告をクリックして初めて“A8のどこかA”に飛ぶ。
<imgは広告を表示した時点で“A8のどこかB”にある画像を表示してる。
(具体的には1ピクセルの画像で見えない)

クリックして実行される<aはA8に広告がクリックされたかどうかを知らせる部分になる。
<imgは、この記事がユーザー画面に表示された瞬間にA8に画像(1ピクセルの見えない画像)を取りに行く。

A8の管理レポートでいえば下記になる。
impはインプレッション(広告の表示数)

<aのコードはクリックされたことを知らせるので絶対になくてはならない部分。
<imgは広告が表示されたということを知らせているのでいらなそうだが。
A8がimp測定だけに<imgを利用しているかは分からないので何とも言えません。

A8にクリックしたことが伝わったらA8は
テキスト広告の<a href=”https://略?a8mat=ここの記号“で誰の広告からきたか判定。
ユーザーのクッキーに”誰々の広告から来たという印”を残し
広告主のサイトでユーザーが買い物を終了したときユーザーのクッキーに
”誰々の広告から来たという印”が残っていれば成果が発生するという流れです。

まとめ

広告コードとして用意してあるのだから、そのまま残るようにするのが無難だと思います。具体的にはカスタムHTMLまたはコードエディタで貼り付ける。


コメント

タイトルとURLをコピーしました