雑記ブログ独学で始めて1年、アフィリエイトの結果は?

この記事は約5分で読めます。

2020年9月から雑記ブログをはじめました
検索上位にしてPVを伸ばすのは何とかなります。
その方法を紹介します。
問題は成果につなげる点です。
ここはうまくいってませんが何が問題かは分かりました。

1年経過後のアフィリエイトの成績は?
収益合計 11345円 (アドセンス 2632円 ASP 8713円)
コスト レンタルサーバー代お名前.com のみ
6か月払い7128円×2=14256円
2911円赤字
うーん、ロリポップにしておけばプラスだったな

PV(ページビュー数)について

1年間の成績

現在 90記事 2万PV(Googleアナリティクスの表示回数)
ブログはじめて4か月後からアナリティクス登録したので
実際のPV数は、もっと多いです。

Googleアナリティクス と Google Search Console で
1年間のPV推移を見てみます。

ブログはじめて半年、記事数64までは
PV数は上昇したが、そこで頭打ち。

Googleアナリティクス レポートのスナップショット

Google Search Console

合計クリック数はググって表示された数で
アナリティクスと同じような形です
合計表示回数は記事数に伴って上昇し続けています

本来、掲載順位と合計表示回数やクリック数は同じ形になるはずですが
掲載順位はあくまで全キーワードの平均掲載順位なのであてになりません
例えば全キーワード27位の場合と
1位が5個ぐらいあって他が全部下位で平均が27位の場合

検索者のほとんどが検索結果1ページ目しか見ないと言われているので
明らかに1位が5個あったほうが表示回数、クリック数は増えます

ブログ開始6か月後ぐらいから10位以内に入るキーワードが出てきて
表示回数やクリック数が上がりました。

当ブログで1番成績のいいキーワードの推移を見てみます。
この記事は2番目に書いた記事で2020/9/7に書きました
約4か月後に10位以内に入りました
そこからは表示回数、クリック数と近い形になっています。
特にクリック数は掲載順位とほぼ同じ形になっています。
1番クリック数の多いところは最高順位の2位のときでした。

まとめるとブログ開始後、約半年は検索上位に来れない。
なので半年間は順位を気にしなくてもいいかもしれません。
目次へ

どうすれば検索上位になれるか

1年やった結論としては
ユーザー満足度をあげることだと思います。

ユーザー満足度ってどうやって測るか?
記事を最後まで読んだ。
滞在時間が長い。

など昔は言われていたようですが
よくよく考えると1番ユーザーが満足している状態っていうのは

検索した結果
ユーザーが、記事を見て
調べたキーワードについて、これ以上検索をやめる。

これこそがユーザーが満足したということではないでしょうか。

しかし下位にいると、いくらいい記事でも
ユーザーが上位記事を読んで、それ以下の記事を読まないと
Googleとしても順位をいじる必要性がありません。
Googleの目的はGoogleが便利であることですから
順位を変えてユーザー満足度不明の記事を
上位に持ってくる必要は全くありません。

逆に上位にいる記事でも、
読まれたあとに、いつも次の下位の記事が読まれているようでは
検索上位にふさわしくありません。
そういう記事は下がってくるはずです。

そうなるとあるキーワードに対し強い記事があると下位の記事には
ユーザーが満足しているかどうか判断できるチャンスが来ないため
順位の変動がおきないのではないかと思ってます。
つまり先行者有利。

また被リンクやドメインパワーが影響するといわれていますが
当ブログは
被リンク9(怪しげなサイトからが、ほとんど)
ドメインパワー6 (MozによるDomain Authority
とさえない成績です。

しかし当ブログでもGoogle Search Consoleで確認すると
検索10位以内にインデックスされているキーワードが74個あります。
つまり 被リンクやドメインパワー は重要ではなく
ユーザー満足度がそれなりにある結果と考えています。
ユーザー満足度が高ければ被リンクやドメインパワーが
高くなるかもしれませんが、それほど気にする必要はないと思います。

目次へ

なぜ成果が出ないか

10位以内のキーワードが74個もあるのに
なぜ成果がでないか考えました。

検索ボリュームが低いキーワードだから

まずは検索上位にいたとしても検索ボリュームが低いキーワードでは
上位にいてもPVは上がりません。
1日1回誰かが検索するようなキーワードで1位にいたとしても
PVはよくて1以上にはなりませんから。

検索ボリュームは調べる有料のツールがあるようですが
自分のキーワードであればGoogle Search Consoleで
キーワード(クエリ)に対する表示回数を見ればある程度分かります。
表示回数は記事をクリックした回数ではなく
検索結果に表示された回数なので
3位以内であれば必ず画面に表示されるので
表示回数=検索ボリュームとみなせるでしょう。
3位以下だとスクロールしないと表示されない場合があるので
そうは言えなくなります。

検索ボリュームが多いとライバルが多く激戦となります。
ただ上位にいる記事がキーワードに対して
とんちんかんなことが書いてありユーザー満足度が
低そうだったらチャンスはいずれ来ると思います。

広告はほとんどクリックされない

記事の流れに沿った自然なテキスト広告以外は、
ほぼクリックされません。

バナー広告は特にクリックされません。
記事と全く関係ないのは貼らないほうがいいです。
バナー広告はアドセンスのみにしたほうがいいです。
アドセンスのバナー広告は
ユーザーの検索傾向からユーザーニーズにあったものを表示しますので
たまにクリックされます。

どうすれば雑記ブログで成果をだせるか

ブログを始めて色々SEO対策してきました。

アフィリエイト初心者
「アフィリエイト初心者」の記事一覧です。

1年間の経験でたどり着いた答えは

報酬の高い案件に関するユーザー満足度の高い記事を書く」です。

このためには報酬の高い案件について
知識や経験がある人でないと書けないと思います。
少なくとも自分で、その商品を持ってる。
または体験したサービスじゃないとダメでしょう。

自分で思入れのあるものは熱く語れるので
ユーザー満足度の高い記事が書けます。
私の場合そういう案件がAmazon、Yahoo、楽天で
売ってる安物製品しかないので低収益になってます。

唯一経験して熱く語れる報酬の高い案件は
ブログのレンタルサーバーですが
ここはブログやってる人はみんな経験している話で、
みんなが記事にするので激戦です。

ASPの案件全部見て自分が熱く語れる案件
かつニッチなものを見つけられた人は成功すると思います。
目次へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました